膝・肩・腰・手、スポーツ整形外科手術の手術・リハビリテーションの専門病院 福岡リハビリテーション病院福岡リハ整形外科クリニック

ナビ
お問い合わせ
電話でのお問い合わせ

その症状には原因があります。まずは、私たちにご相談ください

手足のしびれ・痛み、脱力、めまい、ふらつき、しゃべりにくい、ものが二重に見える、頭痛、もの忘れ、意識障害などの症状には、脳や脊髄、手足の神経や筋肉の異常が関係しているものが多くあります。
神経内科では、症状の原因を見つけるため、患者さんから詳しくお話をお聴きし、神経や筋肉の状態を調べるために必要な診察や検査を行います。脳卒中、てんかん、片頭痛、認知症疾患、末梢神経障害などが神経内科の専門疾患です。診断の結果によっては、他の専門診療科をご紹介する場合があります。
上記のような症状でお困りの方、どこに相談したらいいかわからない方は、まずはお気軽に神経内科にご相談下さい。

◎認知症ケア専門士による「もの忘れ相談窓口」

様々な診察・検査を行い、病状の原因を見つけて、治療につなげていきます

当院では最新機器を使用し、診断に必要な検査を行っています。

MRI撮影

脳や脊髄の写真を撮り、脳卒中、脳血管の詰まりや動脈瘤、脳の委縮、椎間板ヘルニアや脊髄の炎症などがないかを調べます。

血液検査

一般的な項目に加え、ビタミン不足や甲状腺機能異常など神経疾患の原因となる異常がないかを詳しく調べます。

ABI・PWV

手と足の血圧を測定して数値を比較することで、血管の硬さや血管の詰まりがないかを調べます。

脳波

頭部につけた装置から脳の電気活動を記録し、てんかんなどの脳活動に異常が生じる疾患がないかを調べます。

神経伝道検査

しびれや脱力のある手足の神経を微弱な電気で刺激して、その伝わり具合を確認します。

頸動脈エコー

頸部(首)に装置をあてて、脳に入っていく頸部の血管の血流を確認していきます。

Page Top