膝・肩・腰・手、スポーツ整形外科手術の手術・リハビリテーションの専門病院 福岡リハビリテーション病院福岡リハ整形外科クリニック

ナビ
お問い合わせ
電話でのお問い合わせ

認知症は原因によって、治療で進行を遅らせることや、
症状を緩和・改善できる可能性があります。

認知症の方の6割がアルツハイマー病です。

認知症の原因疾患の内訳

認知症の原因で、最も多い病気がアルツハイマー病です。女性の患者が多く、男性の 1.5~ 3 倍と言われています。代表的な症状は、記憶の障害 ( 数分~数日前のことを忘れる )です。病気が進行するにつれて判断力が低下し、徘徊したり、無気力・妄想などの精神症状が出たりします。

早期発見・治療が大切です。

アルツハイマーは、脳が徐々に委縮して認知症が生じる病気です。

アルツハイマー

アルツハイマー病の原因は不明ですが、脳の神経細胞が徐々に少なくなり、脳が委縮して( やせて )認知症が生じる病気です。特に側頭葉と頭頂葉が委縮しやすく、側頭葉の内側にあり記憶にとって重要な「海馬」という部分が委縮するので、初期から記憶の障害がみられます。

お薬で病気の進行を遅らせることができます。

アルツハイマー

アルツハイマー病を完全に治す薬や治療法はまだありません。しかし、進行を遅らせたり、一時的に症状を改善させたりする効果を持つ薬があります。「高齢だから」「治らないから」とあきらめてはいけません。早めにお薬を飲み始めて進行を遅らせることが、できるだけ長くその人らしい生活を維持することにつながります。
大事なのは薬だけではありません。適切な食事・生活習慣は認知症の発症や進行を予防し、普段接するご家族の適切なケアで認知症の様々な症状を軽減させることが可能です。つまり認知症の治療には、その方の一番身近なご家族の理解と協力が不可欠です。

認知症チェックをしてみましょう。

原因はアルツハイマー病だけではありません。
様々な病気で認知症が生じます。

アルツハイマー病以外にも、血管性認知症をはじめ、様々な病気が原因で認知症が生じます。原因によっては、適切な治療で認知症を完全に治すことができる場合があります。それぞれの病気は、症状や検査結果で見分けます。大切なのは症状を見逃さず、病院で診察や検査を受けて認知症の原因となる病気を早期に診断し、適切な治療を行うことです。

レビー小体型認知症

レビー小体型認知症

幻覚が出やすい認知症

「レビー小体」とは 、この病気の方の脳の神経細胞で見つかる物質です。そこにいないはずの人・物が見えたり、認知症の症状が短期間で良くなったり悪くなったりするという特徴があります。パーキンソン病とは親戚関係の病気で、一緒に起こることもあります。

レム睡眠期行動異常

レム睡眠期行動異常

夢を見ているときに、夢の内容そのままに体を動かしてしまう状態です。歩きだしたり、大声で叫んだりすることもあります。この症状が出る方は、将来レビー小体型認知症やパーキンソン病を発症する可能性が高いと言われています。

前頭側頭型認知症

性格の変化が目立つ認知症

脳の前頭葉と側頭葉が委縮して生じる認知症で、気性が荒くなる、怒りっぽくなるなど、衝動的で感情が抑えられなくなります。何を尋ねても同じ言葉を返したり、毎日決まった時間に同じ行動を繰り返したりすることも特徴です。

血管性認知症

血管性認知症

脳卒中(脳梗塞や脳出血)が原因となる認知症

脳卒中は脳の様々な場所に起こります。そのため、血管性認知症の症状は脳卒中の場所により様々です。血管性認知症の予防は脳卒中の予防と同じで、高血圧、糖尿病、高脂血症などをしっかり治療することが大切です。

慢性硬膜下血腫

たまった血液を取り除くことで症状が改善

頭を打った後などに、脳と頭蓋骨の間に少しずつ血液がたまり、脳が圧迫され、認知症や麻痺など神経の症状が生じます。たまった血液を取り除く手術で、認知症を含む症状が改善します。

 手術で治療ができる !

水頭症(正常圧水頭症)

たまった水(脳脊髄液 )を取り除く手術で症状が改善

脳脊髄液が脳の中に過剰にたまってしまい、認知症や歩きづらさ、失禁といった症状が出る病気です。溜まった脳脊髄液を脳の外に逃がす手術で、認知症などの症状が改善します。

 手術で治療ができる !

認知症チェックしてみませんか。

認知症チェック

□数分~数日前のことが思い出せない
□同時に複数のことができない
□計画をたてて行動できない
□うまく言葉が出ない、理解できない
□麻痺はないのに
  身の回りのことができない
□ものごと・人を正しく認識できない
□疑り深くなる
□実際にはない物や人が見える
□いつも不安である

□何もしたくない
□怒りっぽい
□いつも楽しそうにふるまう
□徘徊する
□トイレを失敗する
□何事にも関心がない
□趣味・嗜好が変わる
□眠れない
□同じことを繰り返す

あなた自身や、ご家族の中で下記の項目にいくつか
あてはまることがあれば、認知症の疑いがあります。
「もしかしたら」と思ったら早めにご相談ください。

Page Top