膝・肩・腰・手、スポーツ整形外科手術の手術・リハビリテーションの専門病院 福岡リハビリテーション病院福岡リハ整形外科クリニック

ナビ
お問い合わせ
電話でのお問い合わせ

ロボットスーツHAL®

自らの脚で歩く喜びをもう一度

ロボットスーツHAL® 福祉用は、脚に障がいを持つ方々や脚力が弱くなった高齢の方々の脚力・歩行機能をサポートし、歩くことの素晴らしさを取り戻していただくことを願って誕生した、画期的な自立動作支援ロボットです。

「HAL®」の原理は筑波大学大学院 山海嘉之教授が開発したものです。CYBERDYNE株式会社が筑波大学とその研究成果を利用して製品化されました。

★「HAL®」の原理

人が筋肉を動かそうとしたとき、脳から脊髄、運動ニューロンを介して筋肉に神経信号が伝わります。このときに発生する微弱な「生体電位信号」を皮膚表面に貼付したセンサーが感知しパワーユニットを制御しロボットの脚を動かします。

対象者(医師が必要と認めた者)

◎加齢や怪我で脚力が低下した方
◎脳梗塞による下肢麻痺がある方
◎頚椎損傷による不全麻痺を持つ方
◎パーキンソン病の方
◎パーキンソン関連疾患のある方
◎筋原性疾患のある方
◎身体のバランスを保持できない方・・など

高齢や各種筋肉、神経等の障がいにより下肢動作や歩行に不自由を感じる方、補助が必要な方。以下に該当する方は装着いただけません。
◎妊娠中の女性
◎心臓ペースメーカーなど能動型埋め込み医療器具を使用されている方
◎生体電位信号が検出されない方
◎医師が不適格と判断する症状を有する方

期待される効果

① リハビリ訓練の負担軽減

高齢や各種筋肉、神経等の障がいにより下肢動作や歩行に不自由を感じる方や補助が必要な方の立ち上がりや歩行訓練の負担軽減が期待できます。装着者に合わせて細かい設定が可能なため、幅広い方々に利用可能です。

② 心理的効果(モチベーション、意欲の向上)

HAL® を利用することで、装着者の動作訓練への意欲の向上や、他の訓練への取り組み姿勢にも変化が期待できます。

HAL® の装着にあたって

◎歩き方などの評価のために、定期的にビデオ撮影を行います。その際、T シャツ・ジャージへの着替えが必要となります。

電極を貼り付けます

①電極を貼り付けます

スーツを装着します

②スーツを装着します

立ち上がりや歩く訓練を行います。

③立ち上がりや
歩く訓練を行います。

リハビリの時間内に行います。別途料金は発生しません。

Page Top