膝・肩・腰・手、スポーツ整形外科手術の手術・リハビリテーションの専門病院 福岡リハビリテーション病院福岡リハ整形外科クリニック

ナビ
お問い合わせ
電話でのお問い合わせ

受けてみませんか?大腸カメラ検査

大腸がんは、早期発見できれば高い確率で治すことの出来る病気です。大腸がんになる人が増え始める40歳を過ぎたら、年に1度、検査を受けることを勧めています。「どこも悪くないから、自分には関係ない」のではなく、「どこも悪くないけれど、がんが隠れているかもしれない」という意識をもって、検査を受けることが大切です。

大腸がんは 、40歳ころから急増!!

近年、日本人の食の欧米化により動物性脂肪の過剰摂取、野菜や果物などの摂取不足による食物繊維不足、アルコール、喫煙、睡眠不足、運動不足などを基盤として、大腸ポリープや大腸がんが急増しています。大腸がん患者の大部分は50歳以上で、男女とも40歳ころから急増してきます。40歳になったら、定期的に大腸がん検診を受け、早期発見をすることが重要です。大腸がんは他のがんよりも比較的治りやすいがんであり、大腸ポリープはもちろん、大腸がんであっても早期の段階で発見すればほとんどの場合、内視鏡治療のみで治ってしまいます。
大腸がん
大腸がん

慢性的な便秘や下痢は、ストレスによる
「過敏性腸症候群」の疑いがあります。

過敏性腸症候群

下痢や便秘など通便異常にともなう腹痛や腹部不快感が慢性的に繰り返される場合は、「過敏性腸症候群」の可能性もあります。この病気は、現代のストレス社会で急増している病気のひとつです。治療は、食事療法や運動療法、お薬による治療を行っていきます。

大腸がんは、早期発見できれば高い確率で治すことの
出来る病気です。早めに検査しましょう!

大腸カメラ検査

当院の内視鏡カメラの特徴

■麻酔で眠ったまま検査(カメラ挿入の痛みがない)
■胃カメラと同日OK!!(要予約)

※麻酔を利用される場合は、お車でのご来院が出来ません。

当日の検査の流れ

大腸がん検診のご案内

福岡市内にお住まいの方

大腸がん検診……自己負担 500 円
福岡市にお住まいの方で 40 歳以上の方
※その他の地域の方は、各自治体にお尋ねください。

Page Top