膝・肩・腰・手、スポーツ整形外科手術の手術・リハビリテーションの専門病院 福岡リハビリテーション病院福岡リハ整形外科クリニック

ナビ
お問い合わせ
電話でのお問い合わせ

運動器疾患リハビリテーションの特徴

運動器疾患とは
運動器とは、骨や関節、靱帯、筋肉、手足の神経や血管などのことで、これらの部位に障害があったり、スポーツや事故で外傷を負うことを運動器疾患といいます。当院では手術後早期からの対応により、早期回復・早期復帰を目指して、リハビリテーションに取り組んでいます。

膝・肩・腰などの障害や、関節疾患の手術後のリハビリに取り組んでいます

運動器疾患リハビリテーションでは、主に手術後の患者さんや保存療法(手術を伴わない治療)の患者さんに対して、リハビリテーションを行っています。術後、動き辛くなった関節の可動域の拡大をはかり、筋力の回復を援助し、歩行や日常生活動作が円滑に行えるようにサポートします。 高齢者の生活復帰へのリハビリテーションはもちろん、学生からプロアスリートまで幅広いスポーツの選手にもできるだけ早期に、安全に競技復帰ができるようサポートを行っています。
運動器リハビリテーション
対象となる主な疾患
手術膝関節人工置換術、高位脛骨骨切り術
膝関節靱帯再建術
肩関節腱板断裂(鏡視下腱板縫合術)
半月板損傷(関節鏡視下手術)、股関節臼蓋回転術
人工股関節置換術
その他、骨折など外傷の手術後のリハビリテーション圧迫骨折などの保存療法のリハビリテーションなど

退院後も、ケガ・疾患の予防や健康寿命の延伸を支援

退院後も、当院と福リハ整形外科クリニック、スポーツメディカルクリニックとの連携で、皆さんの健康生活をサポートします。通院リハビリテーションでは、膝・肩・腰・手の疾患やスポーツ障害に精通した理学療法士が、リハビリテーションと同時に生活のアドバイスも行い、疾患や怪我の再発予防にも力を入れています。また、スポーツメディカルセンターでは、健康運動指導士とアスレチックトレーナーが病気や怪我の予防、健康の維持・増進、健康寿命(介護を必要としないで自立した生活ができる期間のこと)の延伸を支援しています。※スポーツメディカルセンターは保険が適用できませんので、自費でのご利用となります。
運動器リハビリテーション

新しいリハビリテーションの取組

運動器リハビリテーション

不安感を軽減し、心と身体のバランスを大切に、リハビリ効率を高めます

手術後は誰しも、痛みや身体が思うように動かない辛さから、不安を覚えます。不安感が強いと痛みもより強く感じ、リハビリへの意欲も下がりがちです。運動器リハビリテーションチームは、患者さんの不安感を少しでも改善し、前向きな気持ちを引き出せるよう支援しています。患者さんのお話しを伺うことはもちろん、ビデオやパンフレットなどもご用意し、リハビリの意義や回復の経過をわかりやすくご説明します。
運動器リハビリテーション

痛みを緩和させて、活動量と元気度をアップ!!

リハビリを円滑に行うためには、患部の痛みを緩和することが大切です。私たち運動器リハビリテーションチームは、温熱・冷却療法やさまざまな物理療法(低周波 干渉波 など)を用いて可能な限りの除痛をはかり、マッサージやストレッチなどの徒手療法を重点的に行い、身体を動きやすくし、活動量の回復をサポートしています。 この時大切なのが、患者さん一人ひとりの目標に向かう「やる気度」です。私たちは患者さんの目標を共有し、患者さんの状態に合わせて回復をサポートします。そして、身体も心もいきいきと生活を楽しむことができる、「元気度」の向上を目指します。 これまで膝が痛くて辛かったスポーツ活動への復帰や、断念していた家族旅行を楽しむことができるなど、退院後はその方らしく豊かな生活を送ることができるよう、リハビリテーションに取り組んでいます。
運動器リハビリテーション
Page Top