膝・肩・腰・手、スポーツ整形外科手術の手術・リハビリテーションの専門病院 福岡リハビリテーション病院福岡リハ整形外科クリニック

ナビ
お問い合わせ
電話でのお問い合わせ

消化器外科の診察

人の身体のなかで、食べたものを消化・吸収・排泄するために働く「消化器」を診察し、病状によっては手術による治療も行う診療科です。当院では胃や大腸を主に、逆流性食道炎や胆石の検査や治療も行っています。おなかの痛みなど気になる症状がありましたら、ご来院ください。病気の早期発見・治療のため、内視鏡やエコーでの検査も行なっています。

眠っている間の辛くない内視鏡検査
【胃がん・大腸がん検診】

内視鏡検査とは、先端に小型カメラを内蔵した管を入れ胃や大腸の内部を観察するものです。胃がんと大腸がんは、早期の発見・治療が大切ですので、特に40歳を過ぎたら定期的にがん検診を受けることをおすすめします。もちろん胃の痛みや便に異常を感じた時には、年齢や検査頻度に関係なくなるべく早めに検査を受けましょう。内視鏡検査というと苦痛をともなうイメージをお持ちの方が多いですが、当院では鎮静剤で眠っている間に検査を行うので内視鏡を入れる時に辛さを感じることはほとんどありません。

その胸やけはもしかして?【逆流性食道炎】

逆流性食道炎とは、胃酸の逆流によって食道が炎症する病気です。逆流性食道炎の診断は、問診と内視鏡検査で行います。当院の内視鏡検査は鎮静剤を使って行うので、挿入時の痛みや辛さはほとんど感じません。胃酸を抑える薬を処方したり、暴飲暴食をしない、太り過ぎないなどの生活習慣に気を配ることが主な治療方法となります。ほとんどがお薬の治療で治る病気ですが、高度なヘルニアの方、腰が曲がっている方などには薬が効かない事もあり、その場合は手術が必要となります。

このような症状が気になりませんか?

  • 胸やけがする
  • げっぷがよく出る
  • 喉がイガイガするなど違和感がある
  • お腹の張りや胃もたれ
  • 胃の中身が逆流するような感じがする

悪化する前に治療を【そけいヘルニア】

そけいヘルニアとは、俗に脱腸とも言われる病気です。そけいとは脚の付け根の部分をいい、そけいヘルニアは、腸の一部がそけい部の内側に飛び出した状態を指します。幅広い世代の男女に見られる病気ですが、成人のそけいヘルニアは薬や器具などでは治らず、手術以外に治療法がありません。ひどくなると嵌頓(かんとん)といって腸が飛び出したまま戻らなくなり、血流障害を引き起こしてかなりの痛みを伴います。このような症状になる前に、治療をおすすめします。

痛みがない場合も消化器科へ【胆石】

胆石はエコー検査(超音波検査)で、見つけることができます。ゼリーをつけた器具を腹部に当てるだけの簡単な検査で時間もかかりません。胆石症であっても痛みなどの自覚症状がない方はそのまま治療をせずに経過を見ることが多いのですが、そのまま放置しておくと石が胆嚢から胆管のほうへ流れ落ちることがあり、激痛や黄疸、高熱を発します。辛い症状が出る前に、一度消化器外科にご相談下さい。

 

ピロリ菌などの検査と併せて40歳以上の方は年1回の内視鏡による検査をお薦めします。

Page Top