膝・肩・腰・手、スポーツ整形外科手術の手術・リハビリテーションの専門病院 福岡リハビリテーション病院福岡リハ整形外科クリニック

ナビ
お問い合わせ
電話でのお問い合わせ

新刊医学書に理学療法士が寄稿しました

2013.12.19 新着情報  

 

当院理学療法士の野尻圭吾さんが、

先月発刊された医学書に寄稿しました。

 

本のタイトルは、

「極める変形性股関節症の理学療法」。

理学療法士をはじめ、医療関係者向けに、

変形性股関節症の理学療法についてまとめられた

テキスト的な役割を担う一冊です。

 

「現場での臨床をまとめる作業にもなるため、

執筆依頼をいただけるのは本当にありがたいですね。

尊敬する先生の言葉ですが、

“臨床思考を究めて、理学療法を極める”

ことがやはり大切だと感じています。

目の前の患者さんが、なぜ痛いのか、

なぜ動かないのか、なぜ筋力が落ちたのかなど、

一つひとつのことをきちんと積み上げて

リハビリを提供することが大切だと考えています」

と野尻さん。

 

野尻さんが担当したのは、変形性股関節症の

進行期における股関節・腰部の治療について。

全16ページに渡り、執筆しました。

 

次代を担う若手育成の手引きとなる一冊。

野尻さん自身も、当院の理学療法士の若手育成はもちろん、

講師として院外にも積極的に出向き、

自らの経験や知識を惜しみなく伝える活動を続けています。

 

院内草野球大会 in ヤフオクドーム

2013.12.05 新着情報  

 

福利厚生のイベントのひとつ、

ヤフオクドームを貸し切っての野球大会。

今年で3回目の開催となりました。

スポーツ外来を設けるなど、

スポーツ界との繋がりが深い当院には、

自分自身も何らかのスポーツを続けている

スタッフが多くいます。

医師や看護師、セラピストなど、

スタッフとその家族が集まり、

ドリームチームを結成して試合を行いました。

まずは、子どもたちを交えての交流試合。

2試合目は、春のリーグ戦デビューを前に

本気モードの野球部紅白戦です。

憧れの野球選手と同じマウンドに立つことができて、

子どもたちも(大人たちも!)大興奮。

白球を追いかけて爽やかな汗を流しました!

橋本駅循環ミニバス運行スタート

2013.12.03 新着情報  

 

12月1日の日曜日の朝、

橋本駅前の広場で「橋本駅循環ミニバス」の

運行開始記念オープニングイベントが催されました。

金武・壱岐ブロックまちづくり協議会、

西日本鉄道(株)の皆さん、そして、

当院を含めた3つの病院が協力したことによって

実現することができたミニバス運行。

開会の挨拶、来賓の方から祝辞、

運転手への花束贈呈、テープカットと続きます。

オープニングイベントには、

当院の木原院長も出席。

(テープカットの写真の左から2番目)

安全運行と地域の発展を願って、

テープカットに参加させていただきました。

橋本駅から病院まで行きは約10分、帰りは約25分。

野方エリアをぐるりと巡ります。

機会がありましたらどうぞご利用くださいませ。

Page Top